【十石峠】2022通行止め解除 復旧した国道299号線を走る

【十石峠】2022通行止め解除 復旧した国道299号線を走る

群馬と長野をつなぐ「国道299号線」は、2019年の台風19号災害により、「十石峠」周辺で2年半にわたって通行止めが続いていました。

しかしこの春、復旧工事が終わり通行止めが解除になったので、走りに行ってみました。

今回は、国道299号線にある「十石峠越え」の様子です。

スポンサーリンク

十石峠とは

国土地理院地理院地図より引用 地理院タイルに赤線等追記して掲載

かつて米が採れなかった群馬県西部の山間部に、長野県佐久地方から、一日十石の米を運んでいた道だったということで、この名がつけられたと言われています。

峠の標高は1,351mで、冬期間は雪のため通行止めになります。

関東と信州を結ぶ道路はいくつかありますが、「国道18号線」(碓氷峠 バイパスは入山峠)が幹線で、それ以外の道路では「国道254号線」(内山峠)「国道299号線」(十石峠)の2つが国道となっています。

国道299号線の十石峠区間は、道幅の狭い所が多く、傾斜のある群馬県側では、崩落等による通行止めがしばしば起こるルートでもあります。

「国道」とは言え、すれ違いができない道幅の狭い部分も多いので、運転初心者の方には、あまりおすすめしないルートです。

余談ですが、「国道」と書いてあると、県道や市道、林道などよりしっかりした道を想像しがちですが、山間地の国道は、古くからある道が元になっているため、道が狭かったり曲がりくねっていたりする部分も多く、走りにくい道が少なくありません。

どのルートを行くか選択する場合には、こうしたグレードにとらわれず、実際の道路状況を把握してから選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

長野側からスタート

今回は長野県側をスタートし、群馬県上野村までの様子を紹介します。

JR小海線に沿うように走る「国道141号線」から、佐久穂町の中心部にある「千曲病院入口」信号で東方向へ進みます。

「中部横断自動車道(2022年現在 無料区間)」の「佐久穂出口」を下りた場合は、そのまま市街地方面へ下って直進すれば、国道299号線に入ります。

このあたりは、しばらくの間、広く緩やかな登り坂の道が続きます。

集落に入ると道が狭くなる部分もありますが、標高1,000mを超えるあたりまで、広くなだらかな登り坂の道です。

古屋ダム

途中で、「古屋ダム」が見えてきます。

古屋ダム手前で左に分かれていく「林道大上線」は、未だ通り抜けできないようでした。

沿道に「臼石」という案内板がありました。

「臼石」とは、形の美しい「甌穴」のことで、この石には雨ごい伝説も残っているようです。

かつてこの石があった川辺は、国道の改修工事によって埋もれてしまうことになり、こちらへ移動したようでした。

「甌穴」については、こちらでも見られます。

【四万温泉】千と千尋の神隠しモデルのレトロな温泉街を歩く
万沢林道の起点として当ブログでも紹介している「四万温泉」は、昔ながらの雰囲気を残す小さな温泉街です。ツーリングもよいですが、ここへ来たら温泉街を歩いてみるのもおすすめです。日帰り入浴ができる施設や旅館があるので温泉を楽しむのもよい...

さらに登ると「乙女の滝」の駐車場がありますが、滝へ続く遊歩道は閉鎖されていました。こちらも台風19号による被害で崩落があったようです。

「乙女の滝」を過ぎると、だんだんと道が狭くなり、山道になってきます。

林道十山線入口
林道大野沢線入口

途中の林道入口には,、どこも工事中の看板が出ていて、走れるところはなさそうでした。

林道曲久保線入口

道が細く曲がりくねってくると、まもなく峠です。右側に林道曲久保線入口があらわれ、「十石峠」に到着します。

長野県側は、おおむね傾斜が緩やかで、比較的走りやすいです。

十石峠
スポンサーリンク

十石峠

展望台

「十石峠」周辺は公園のように整備されていて、立派な「展望台」があり、舗装された駐車場やトイレもあります。

駐車場とトイレ
奥まったところにある十石峠の標板

この峠のシンボルとも言える「展望台」へ行ってみました。

残念なことに、床の一部が破損していて危険ということで、内部は立入禁止になっていました。

しかし、この日は霧が立ち込め、登っても何も見えなかったと思います。

スポンサーリンク

群馬側へ下る

群馬県側へ下っていきます。

工事箇所はまだ残っていますが、通行に問題はありません。

「水の戸」の石碑と林道入口

峠から2kmほど下った所にある林道入口前の広場に、「水の戸」と書かれた石碑が立っています。

ここは「十石峠道」と、北相木方面からの「栂峠道」の合流点だそうで、近くに水場もあることから、かつては「茶屋」があり、信州と上州・武州を結ぶ交通の要衝だったそうです。

道標を兼ねた石碑には「右 十石佐久町、左 万場秩父市」と彫られているようです。

このあたりは、天望山からのびる尾根上の道を走ります。

道のすぐ脇に鉄塔が立っていて、道と交差するように送電線が通っていました。電線のすぐ下を通り過ぎます。

しばらく、尾根に沿ったなだらかな道を下っていきます。

尾根道の先端部分

この尾根道の尖端で、道は2つに分かれます。

「国道299号線」は大きく折り返して山腹を下りていきますが、尾根沿いには「林道矢弓沢線」が続いています。

林道矢弓沢線入口

「林道矢弓沢線」は新しい道ですが、近くには旧十石街道を歩く遊歩道があり、元々あったかつての十石街道に沿ったルートのようです。

ネット上では、道路状況が厳しい国道299号より、こちらを通ることをすすめる意見も多いです。

大きく折り返して続く国道299号線

折り返して少し行くと、樹林のない視界の開けた一帯があり、この先の山腹を下っていく道が見えます。

このあたりの道は、尾根上より狭くなります。

来た道を振り返る

途中に、新しく道を広げた部分があって展望が開けているのですが、この日は雲がかかっていて、周囲の山々はあまり見えませんでした。

道は黒川の近くまで下り、そこからは黒川に沿ってカーブの多い道を走っていきます。

「対向車注意」の路面標示

川沿いの曲がりくねった細い道が続いていますが、ところどころにすれ違いのできる場所はあるので、確認しながらゆっくり走って行きます。

集落の近くまで下ってきても、道の細さは変わらないので、最後まで対向車には注意が必要です。

初心者マークを付けた車が、すれ違いで難儀しているのに出会いました。運転初心者の方は、国道だからといって入り込まないように注意しましょう。

上野村いのぶたセンター
黒川集落

上野村いのぶたセンターがあらわれると、間もなく黒川の集落に入ります。

下仁田方面への分岐
砥根平トンネル
川の駅上野

あとは道なりに進み、砥根平トンネルを過ぎると「川の駅上野」の前に出て、十石峠越えは終了です。

スポンサーリンク

終わりに

久しぶりの復旧となった「国道299号線」ですが、ツーリングやドライブを楽しむ方であれば、「酷道」として知られるこの道を走ってみるのもおもしろいと思います。

国道ではありますが、秘境ドライブを楽しめると思います。

しかし「十石峠」を越えることが目的で、走りづらい道は避けたいという方には、「林道矢弓沢線」を通ることをおすすめします。秋は紅葉も美しいと思います。

対向車に留意し、安全運転でドライブを楽しみましょう。

【ぶどう峠】2022通行止め解除県道124号上野小海線を走る
2019年の台風19号による災害で、関東と長野を結ぶ峠道の多くが、長い間通行止めになっていました。しかしこの夏、「ぶどう峠」を越える「県道124号上野小海線」の通行止めが解除されたので、走りに行ってみました。今回は、202...